2019.02.28

1級 管工事施工管理技士9名合格!!


2019年2月22日に管工事施工管理技士の合格発表がありました。

電気施工管理技士、建築施工管理技士に続き今回は 1級管工事施工管理技士合格者92級管工事施工管理技士合格者4名でした。続々と弊社のエンジニアは新しい知識や技術を日々習得しています。その力はエアコン工事をはじめとする省エネ関連工事のより良い提案や安心感のある施工、そして社会貢献へとつながっていきます。

施工管理技士とは

”建設業法第27条に基づき、建設工事に従事し又は従事しようとする者を対象に、施工技術を管理する十分な資質を有しているかどうかを判定するために、学科試験と実地試験に分けて行われる国家試験に合格した者。 経営事項審査における審査項目である企業の技術力評価において、一級施工管理技士は5点、2級施工管理技士は2点の点数が与えられ、多くの資格者を有する企業の技術力評価点が公共工事等の受注に大きく影響を与える重要な資格となっています。”

種目 検定技術
管工事施工管理技士 近年設備工事の分野においては、天然ガスコージェネレーションシステム、氷蓄熱式空調システム、排水再利用設備、雨水利用設備等、新しい施工技術の進歩が急速であり、新エネルギーに対応した高度な技術を要求されています。このような状況に迅速に対応するためには【1級・2級管工事施工管理技士】の有資格者が、現場の中心的な役割を担い活躍する必要性があります。

出典:”実地試験対策改訂版2級管工事施工管理技士 はじめに (光文社発行)”より