補助金情報

2019.02.07

【補助金活用】エネ合の補助金を活用してエアコンや照明を入れ替えよう!


みなさんはエネ合(エネルギー使用合理化事業者支援事業)という補助金をご存知ですか?
毎年4〜6月あたりに経済産業省から公募があり、エアコンなどの空調機器やLED照明をはじめ、ボイラーや冷凍冷蔵設備などの入れ替えにかかる費用を最大半分も補助される事業です。この補助金を活用して、ビルや工場やアミューズメント施設、スーパーやドラッグストアなどの店舗の設備を新しくしてみてはいかがでしょう!
詳しくは下記のページもご覧ください。

こんなお悩みの企業様に
  • ・エアコンが古くてそろそろ入れ替えたいけれど、工事をするほどの余裕がない
  • ・補助金でエアコンを入れ替えられるのは知っているけれど、どうすれば良いのかわからない
  • ・補助金を活用しようと思ったけれど、専門的な内容が難しく、断念したことがある
  • ・補助金を活用できるほど人員を割けないし、そもそも書類作成の時間がない
  • ・補助金を活用したけれど、省エネ効果が低く不採択になってしまったから活用は無理だと思っている

弊社では皆さんの悩みを解決するノウハウを持っています。難しく感じることや大変だと感じることも、一つ一つ丁寧にクリアにしていけばゴールが見えてきます。やり方を知らない人も諦めている人も、ぜひ一度ご相談ください。弊社は皆さまのゴールまでの見通しをサポートいたします。

国の取り組み・補助金について

具体的なお話をする前に、「エネルギー使用合理化事業者支援事業」等の補助金ができた経緯の一部をご紹介します。

日本でエアコンが誕生して80年以上が経過し、全国的に普及した現代においてエアコンは“なくてはならないもの”として認識されつつあるのではないでしょうか。しかし、エアコンを稼働させる電力エネルギーはそのほとんどがCO₂を排出する仕組み(火力発電など)で得られており、エアコンの普及がCO₂の排出を増やしている要因の一つになっています。

国は企業に対して補助金を交付することで、温暖化などの環境問題を改善しようと取り組んでいます。また、メーカー各社には省エネ性能の高い機器を開発するよう促しもしています。
これらの状況を踏まえると、古いエアコン※を最新のエアコンへ入れ替えることで省エネが促進され、環境問題にも皆さんのお財布にも良い効果をもたらすと言えます。

※古いエアコン
特に15年~20年経過したエアコンは積極的に入れ替えることをお勧めします。

エアコン工事ならこのエネルギー使用合理化事業者支援事業がおすすめ!

補助金はたくさんあるけれど、エアコン工事を対象としたときはどれが一番いいのかわからない、という方こそ「エネルギー使用合理化事業者支援事業」をおすすめします。
省エネルギーを目的とした補助金と言えば、この「エネルギー使用合理化事業者支援事業」が予算のもっとも大きい省エネ補助金なのです。
※エアコンだけでなく、照明や冷凍冷蔵設備、ボイラー、給湯器なども対象となっておりますので、ご関心のある設備での申請も可能です。詳しくは弊社へお問い合わせください。

エネルギー使用合理化事業者支援事業 事業目的(公募要領から抜粋)

地球環境問題への対応の必要性が急速に高まっている状況の下、我が国は、以前より省エネルギー設備投資の推進やエネルギー管理の適正化等により、世界の中でも高い省エネルギー水準を達成しているところであるが、平成27年7月に決定された「長期エネルギー需給見通し」における5,030万kl程度の省エネ実現のためには、産業・業務部門等における省エネルギー設備投資を促すこと等により省エネルギーを推進する必要がある。
本事業は、事業者が計画したエネルギー使用合理化及び電気需要平準化の取組のうち、省エネルギー性能の高い機器及び設備並びに電力ピーク対策に資する機器及び設備の導入(以下「補助事業」という。)に要する経費の一部を補助する事業を実施することにより、各部門の省エネルギーを推進し、もって、内外の経済的社会環境に応じた安定的かつ適切なエネルギーの需給構造の構築を図ることを目的とする。

もちろん、実施したい事業規模によって弊社では、各地方自治体や非営利法人の実施する補助金・助成金の方が良いとアドバイスすることもございます。迷われている方は一度ご相談ください。
弊社の実績につきましては施工実績一覧ページをご覧ください。

補助金申請のことなら何でもご相談ください

弊社は補助金・助成金活用のパイオニアです。これまで豊富な実績とノウハウがあります。

1から10まで懇切丁寧にお伝えします。

補助金活用にハードルを感じる方は、何を準備し何を行えばいいのか、懇切丁寧にお伝えします。
補助金のマニュアルを読んでも、専門用語がわからなかったり、目を通すのが大変だったりで、結局何を準備して、何を行えばいいのかわからないことってよくありますよね。準備することややっていただきたいことを都度お伝えし、細かいところまでサポートいたします。

申請書類の作成から工事後の報告書まで弊社がサポートいたします。

補助金活用に人員や作業体力に限界を感じる方は、申請書類の作成から工事後の報告書まで弊社がサポートいたします。
補助金の書類作成には時間がかかりますし、そもそも通常業務でいっぱいいっぱいだという方は、補助金活用が難しく感じてしまいますよね。特に、補助金で作成する書類は国に提出する文書であるため、登記簿通りの記載でなければだめとか、指定された通りに書かなければだめとか、気を遣うことがたくさんあります。
そんな面倒な書類作成も、申請書類から工事後の報告書まですべて弊社がサポートいたします。

過去に不採択になったことがあっても、採択される可能性はあります!

不採択になってしまった方でも採択に導いた実績がございますので、一度不採択になった方でも、採択される可能性は十分に残っています。
弊社では、過去に2度不採択になってしまったというお客様を、採択に導いたことがあります。補助金の採択には交付予定金額に対する省エネ量がとても重要になってきますので、お客様が希望される工事内容をしっかり丁寧にお聞きした上で省エネ量を計算し、十分な省エネ量だと判断したうえで申請したところ採択されました。
申請のタイミングなどもありますが、あきらめるのは早いかもしれません。

自分のところは実際どうなのか、どう選ぶのが適切なのかといった専門的な質問がございましたらお問い合わせください。専門スタッフが御社に最適と思われる方法を提案いたします。
よろしければ下記のページもご覧ください。