エコトピック

2019.03.25

お掃除ロボット付きだから清掃不要?ではありません。

エアコン洗浄作業写真

ここ数年で普及している『フィルターお掃除ロボット付き』のエアコン。フィルターの汚れを気にしなくてもいいので便利かもしれませんが、だからと言って何も気にしなくていいわけではありません。どういったメンテナンスが必要かを知っておきましょう。

1、フィルター掃除で除去されたホコリはどこへ?

フィルターに付着したホコリを自動で清掃してくれるロボットですが、取り除いたホコリはどこへ行ってしまうのでしょうか?

大体の機種は除去したホコリを溜める場所があります。中には配管を通して外に排出する機能があるものもあります。そのため、
『溜まったホコリを定期的に捨てる必要があっても、どこに溜めているのかわからないから捨てられない』
『外に排出する配管にホコリが詰まってしまって排出してくれない』
といったような問題が考えられます。

ロボット付きは機能が複雑になり、専門家じゃない人がメンテナンスをすると故障の原因にもなりかねませんので、専門家による定期的なメンテナンスが必要です。

2、お掃除付きでもエアコン内は汚れている

多くのお掃除ロボット付きエアコンのロボットが掃除してくれるのは、あくまでもフィルターです。それらの機器では熱交換機やドレンパン、ドレンホースやドレンポンプ、吹き出し口やファンの汚れはきれいになりません。
近年熱交換器を洗浄してくれる機器も販売されていますが、汚れが溜まるダストボックス含め、ロボットが掃除してくれない箇所には汚れが蓄積し、カビが発生します。衛生的にも水漏れや故障を防ぐためにも定期的な分解洗浄が必要です。

ドレンパン

※お掃除ロボットが掃除できない箇所の一つであるドレンパンの汚れは、水漏れの原因となります。

3、ロボット付きのメンテナンスは高度な技術が必要

『お掃除ロボット付き』のエアコンは、作りが複雑のためメンテナンスには高度な知識と技術が必要になります。どうしても通常の物に比べて時間とコストがかかってしまうのが現状です。

お掃除ロボット付きエアコンは、フィルター掃除を自分で定期的にできない事情があるユーザー様にとっては、画期的な機能です。新規エアコン工事の際は『機能性』だけはなく、『メンテナンス性』『維持コスト』といった要素もご検討ください。

by ESC事業部 テクニカルサポートグループ CK課 中田
お問い合わせ記事
会社名
ご担当者名*必須
ふりがな
電話番号
E-mail*必須
お問い合わせ内容*必須
個人情報の取り扱いについて
1.個人情報の利用目的

株式会社エコ・プラン(以下「当社」と言います)は、「お問い合わせ」画面で取得する個人情報を以下の目的でのみ使用いたします。

・お問い合わせに対する回答の為

2.個人情報の第三者への提供

当社が取得した個人情報を、第三者に提供することはございません。

3.個人情報の委託

取得した個人情報を委託する場合は、個人情報に関する秘密保持を締結した委託先に委託します。

4.個人情報を与えることの任意性等について

個人情報の提供はご本人の任意ですが、ご提供いただけない場合、1項の利用目的を達成できない場合があります。

5.開示対象個人情報の開示等及び問い合わせ窓口

開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止(「開示等」といいます)に応じます。
当社の開示等の請求については、以下の相談窓口までご連絡ください。

株式会社エコ・プラン 相談窓口

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目20-1 住友不動産西新宿ビル22F
TEL:03-3366-1181

6.個人情報保護管理者

当社の個人情報保護管理者を次に示します。
個人情報保護管理者: 佐久間大輔

必須