エコトピック

2020.01.14

「工事不要LED照明」 使っても大丈夫?



LED イメージ

自宅や会社の照明を手軽にLED化できる「工事不要LED」がホームセンターやインターネットなどで出始めています。LEDに交換したからと言って必ずしも省エネにつながるとは限りません。

工事不要タイプLED照明とは

工事不要LED照明とは、今まで使用していた照明の器具をランプのみを交換してLED照明としてリニューアルする商品です。

メリットとしてはランプのみの交換の為、工事代金を抑えられ、商品の代金も抑えることができる為、様々なメーカーが商品化しています。

省エネにつながらないケースも

LEDに交換したからと言って、省エネにつながらないこともあります。従来の蛍光灯ランプが取り付けられている機器には安定させ放電させる為の回路が内蔵されている場合が多く、ランプ以外で電力を消費しています。

その為、工事不要LEDに交換することが直接省エネにつながらない場合があります。

火災につながるケースも

従来の蛍光灯ランプが取り付けられている機器が古く、劣化が進んでいる場合火災につながる可能性もあります。

電気製品の多くは10年程度経過すると絶縁抵抗が低下し漏電する可能性があります。その為、古くなった機器に新しいLEDランプを取り付けたとしても、照明器具内部の劣化でショートして火災につながるケースもあります。

10年以上使用している照明器具はランプのみだけではなく本体の交換を行いましょう。

最後に

LEDは蛍光灯に比べ長寿命ですが、一生使えるわけではありません。一度交換してメンテナンスを忘れているケースもこれから増えてくるのではないでしょうか。

LED商品は年々消費効率が改善されています。交換時期が来た際に、正しく交換することで、確実に省エネにつながるようにしていきましょう。

ESC事業部 福岡TC 渡邉