エコトピック

2021.12.27

中小企業向けSBT(SME)認定 無料サポートの概要!


温室効果ガスの削減目標の設定は、脱炭素経営の基本です。世界標準化しつつある SBT(科学と整合した目標設定)の認定を取得することで脱炭素の流れをリスクからチャンスに変えることができます。

【中小企業向け SBT(SME)認定無料サポート】は、弊社が 2019 年 環境省【中小企業向け SBT 再エネ 100% 目標設定支援事業】に採択され、自社で算定した内容と 2021 年 SBT(SME)認定の経験を元に、中小企業向け SBT(SME)の認定を目指す中小企業様を無償で支援するサービスです。

 
どんなサービスなの? 

条件に当てはまる中小企業のSCOPE1,2の算定をサポートし、SBT(SME)認定まで無償で支援をするサービスです。

対象企業

・SBT(SME)認定を目指す中小企業
・従業員が500人未満(会計書類上の連結対象事業者全てを含む範囲)
・非子会社の独立企業
・海外展開をしていない企業
・状況を確認させていただき、サポート可能と判断させていただいた企業

支援内容

・SBT(SME)認定支援打ち合わせ(基本2~3回)
 【1回目】期間、範囲設定と必要なデータの種類や収集方法確認
 【2回目】SCOPE1,2の算定とSBT目標設定
 【3回目】SBT(SME)フォーム記載、支払い、ウェブサイト記載までの手続きサポート

・支援サービス期間:1 ~ 3 か月(目安)
・費用:無料(スタートアップ事業の為、限定で無料対応しています)

※事前の打ち合わせで、状況確認やSCOPE1,2,3の説明及び支援サービスの概要を説明させていただきます。
※SCOPE3の算定方法や具体的削減方法(再エネ切替、省エネ改修工事、自家消費太陽光発電等)についても、必要に応じてサポート致します。
※上記の内容はお客様の状況により変動します。あらかじめご了承ください。
最後に

弊社が2019年に採択いただいた環境省の【中小企業向けSBT 再エネ100%支援事業】は2021年度から実施されていません。(代わりに、SBT目標達成の支援が行われています)

弊社もそうでしたが、SBT目標設定は、自力で調べてもいまいち理解できない部分、不安な部分が大きいのではないでしょうか。

中小企業の場合はコンサルティング会社に依頼する体力もないと想定される中、世の中の温室効果ガス排出削減の必要性は高まるばかりです。

日本の99%以上を占める中小企業の温室効果ガスの排出削減は非常に重要な課題です。政府も大企業もなかなかサポートしきれない中で、困っている方々も多いのではないかと考えています。そんな方々のお力に、少しでも貢献できればうれしいです。

一緒にSBT(SME)認定を目指し、未来のリスクをチャンスに変えていける社会を創っていきませんか?

「何から始めたらいいかわからない」「でも何かやりたい」、「やらないといけない」そんな方々からのお問合せをお待ちしております。

※下記の記事は弊社がSBT(SME)認定までの内容をまとめた記事です。
◆【中小企業向けSBT認定 目標設定レター】どうやって出す?お手伝いします。
◆ SBT【ターゲット検証プロトコル】&【中小企業向けQ&A】和訳!プチ解説付き!
◆【中小企業向けSBT認定】申請方法変更!新フォーム和訳紹介★

◆お問い合わせはこちらからお願い致します。

お問い合わせ記事
都道府県  ※各都道府県の担当からご連絡いたします。
会社名
ご担当者名*必須
ふりがな
電話番号
E-mail*必須
お問い合わせ内容*必須
個人情報の取り扱いについて
1.個人情報の利用目的

株式会社エコ・プラン(以下「当社」と言います)は、「お問い合わせ」画面で取得する個人情報を以下の目的でのみ使用いたします。

・お問い合わせに対する回答の為

2.個人情報の第三者への提供

当社が取得した個人情報を、第三者に提供することはございません。

3.個人情報の委託

取得した個人情報を委託する場合は、個人情報に関する秘密保持を締結した委託先に委託します。

4.個人情報を与えることの任意性等について

個人情報の提供はご本人の任意ですが、ご提供いただけない場合、1項の利用目的を達成できない場合があります。

5.開示対象個人情報の開示等及び問い合わせ窓口

開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止(「開示等」といいます)に応じます。
当社の開示等の請求については、以下の相談窓口までご連絡ください。

株式会社エコ・プラン 相談窓口

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目20-1 住友不動産西新宿ビル22F
TEL:03-3366-1181

6.個人情報保護管理者

当社の個人情報保護管理者を次に示します。
個人情報保護管理者: 佐久間大輔

必須